忍者ブログ

何処かへ行って出かけた時に撮影した写真やその辺のを掲載!また皆様のコメントをお待ちしています!古い記事へのコメントもお待ちしております。但しマナ-だけは守って下さいねf^_^;マナ-さえ守って下されば必ず返事させて頂きます!(^O^)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/27 (Tue)
但馬&鳥取旅行記(湯村温泉)
香住を出発して宿泊旅館のある湯村温泉へGo!

湯村温泉には3月25日PM3時過ぎに到着!(^o^)
まずは宿泊の予約をしていたホテルにチェックイン!
湯村温泉宿泊旅館からの風景
少しの間ホテルで一休み!
一枚目の写真はホテルの客室の窓から撮影した景色です。
真ん中辺りに見える大きな建物は別のホテル!
この写真に写っているホテル。。。
「○○○通用門」と大きな毛筆の字が書かれた木造の凄い武家屋敷風の門があったのでビックリ!
(○○○はこのホテルの名前だと思います)


宿泊ホテル周辺
二枚目の写真は宿泊したホテルの周辺。
写真の左側に写っている大きな建物が今回宿泊したホテルです。
このホテルの中居さんがなかなか感じの良い人だったんですよ~!(*^o^*)


湯村温泉荒湯
ホテルで少し休憩をした後で湯村温泉の町の中を散策!
それで「荒湯」(三枚目の写真)の方へ行きました。
ここの「荒湯」は温泉の源泉と言えば良いのか、何と90度以上の熱湯温泉が沸いているんです!(^^;)

ちなみにここでは生卵が3個150円(塩付き)で売られています。
それを買って温泉ゆで卵を作るのです。


湯村温泉玉子茹で
買った生卵が入った網袋にはぶらさげ用の紐が付いています。
それをこの四枚目の写真の「かみの湯つぼ」と書いてある所に玉子の袋をぶら下げる為の釘が打ってあります。
その釘に紐を引っ掛けて玉子を90度を超える熱湯温泉に浸けるのです。
温泉ゆで卵作成中
5枚目の写真が温泉ゆで卵作成中の玉子です。
写真を拡大すると玉子が見えやすいです。
この玉子を浸けている温泉のお湯は90度以上!(^^;)
これを撮影するのってけっこう大変でしたよ~!(^^;)
レンズが曇ってしまってねぇ。。。
それであまりレンズを近づけすぎない様に撮影しました。(^^;)
この状態で10数分間置いておきます。


夢千代像
玉子を茹でている間に少し別の場所へ。。。
ゆで卵を作る所の直ぐ近くに「夢千代像」(六枚目の写真)があります。
この湯村温泉は昔NHKで放送していた「夢千代日記」の舞台になった場所なんですよね!
このドラマはあまり観てなかったのですが。。。(^^;)
両親は毎回の様に観ていたのを覚えています。


湯村温泉の川原
七枚目の写真の場所のすぐ近くに足湯といって足だけ浸けるお風呂(?)が。。。
足湯の浴槽は写真では入っていませんが、写真の右下あたりから石の狭い道の様なものが伸びていますね?!
この石の道の様なものの直ぐ右側になるのです。
この場所の足湯槽は人が物凄く多かったので撮影していません。
ここの足湯槽には横一列に並んで座って浴槽に足を浸けていました。


完成温泉ゆで卵
8枚目の写真は90度以上の熱湯温泉で茹でた温泉ゆで卵の完成!(^o^)
温泉でこういうものを作るのも面白いです!
なかなか美味しいですよ~!(*^o^*)


川原の著名人手形
ゆで卵を食べた後は「夢千代館」へGo!
途中の道では川原に著名人の手形がズラーッと並べてありました~!(9枚目の写真)

「夢千代館」はドラマ「夢千代日記」で使われた衣装とか、舞台になった時代の生活の様子などを再現したりしているコーナーがありました。
後は、湯村温泉の同じ場所の最近の写真と明治・大正・昭和初期位の時代の写真が並べてあって、見比べるのも楽しいです!(^o^)


足湯の説明板
10枚目の写真は「夢千代館」の外ですが、「夢千代館」の裏手(?)に足湯をする場所がありました。


足湯場
11枚目の写真が「夢千代館」の裏側にある足湯の浴槽です。
消えたみたいになっているのは・・・
主人が写っているのですが・・・
ネットに載せるなーーー!・・・って言われたので修正かけています。^^;;)


それでホテルに戻る途中でお土産屋さん等を覗いてみて、黒豆ソフトクリームが食べたくなったから注文したらバニラしかなかったーーー!(-o-;)
黒豆ソフトクリームは品切れの様でした。(^^;)
しかしバニラも美味しかったですよ~!(*^o^*)


それからホテルに戻ったのは夕方5時過ぎ。
戻って直ぐにホテルの大浴場に!
ここは室内の浴槽と露天風呂がありますが、露天風呂の場所が変わった場所にあります。
脱衣場も屋内の脱衣場と露天風呂の脱衣場は別!
それで露天風呂はホテルの裏手(?)にある森の中を突き進むのです!
露天風呂まで階段90数段程度と聞いてビックリでしたが・・・
イザ行ってみると・・・
ハードだった~!
お風呂に入りに行くのに階段90段登るのだって~!(^^;)
皆さん「しんどいなぁ~、けっこうキツイなぁ!・・・」等とぼやきながら辿り着いてらっしゃいました!(^^;)
私もちょっとぼやいた。。。(-o-;)
しかし森林の景色を眺めながら森の奥へと突き進んで行き着いた先に露天風呂も珍しくて面白いです!(^o^)


お風呂からあがって部屋に戻るともう夕食の準備が始まっていました。
お料理の写真が1枚では入りきらないので2枚に分けて撮影!(^^;)
旅館の夕食1
写真の中央はメインのカニ鍋!
左上はバーベキューみたいなものです。
カボチャ、にんじん、たまねぎ、但馬牛数キレ。
但馬牛は何かの葉っぱに包んでありましたね!
そこが温泉旅館ならでは!
手前はお刺身です。
暗くて分かり難いのですが、このお刺身の器がなんと氷!
高級懐石料理みたいで嬉しかった!(^o^)

旅館の夕食2
左上にある金属の器はバーベキューを焼くものです。
バター焼きで美味しかった~!
こちらの写真はタレが中心に写っていますが。。。(^^;)
暗いですが左下に何か赤っぽいものが写っているのが見えますでしょうか?(^^;)


次は鳥取編第1弾!
浦富海岸の鴨ヶ磯

拍手[0回]

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
前にコメントをPW認証にしていましたが、PWが本文に掲載されてしまうので設定を解除しました。
また皆様のコメントをお待ちしております。

コメント投稿フォームのパスワード入力欄はコメント編集用です。

トラックバックの設定は切っています。(^^;)

YUKI@管理人へメール
最新コメント
やっとさきましたねYUKI@管理人返信済み
[03/26 nobu]
雪見旅行YUKI@管理人返信済み
[02/19 nobu]
水がきれいYUKI@管理人返信済み
[01/11 nobu]
頭でっかちYUKI@管理人返信済み
[01/11 nobu]
花のある生活YUKI@管理人返信済み
[09/30 nobu]
顔が可愛いです。YUKI@管理人返信済み
[08/21 nobu]
焼き芋YUKI@管理人返信済み
[08/10 nobu]
よく太りましたねYUKI@管理人返信済み
[08/10 nobu]
豊作ですねYUKI@管理人返信済み
[06/08 nobu]
キリシマYUKI@管理人返信済み
[05/08 奇兵隊]
たくさんありますね。YUKI@管理人返信済み
[04/09 nobu]
お花見YUKI@管理人返信済み
[04/07 nobu]
時代劇の撮影ができそうYUKI@管理人返信済み
[03/27 nobu]
ミミが可愛いですYUKI@管理人返信済み
[01/12 nobu]
山の中YUKI@管理人返信済み
[01/03 nobu]
好きな花ですYUKI@管理人返信済み
[12/15 nobu]
日が当たるとキレイYUKI@管理人返信済み
[11/12 nobu]
見頃ですね。YUKI@管理人返信済み
[11/09 nobu]
見頃になりました。YUKI@管理人返信済み
[09/30 nobu]
お散歩にもなりますね。YUKI@管理人返信済み
[09/26 nobu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
YUKI
年齢:
49
性別:
非公開
誕生日:
1967/12/06
職業:
主婦
趣味:
オペラ、映画
自己紹介:
オペラが大好きで映画「スター・ウォーズ」マニアの主婦です!
メインサイトはオペラ中心となっています。
また良かったらメインサイトに遊びに来てくださいね!(^_^)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
管理人別Blogです。
また良かったら来て下さいね!(^o^)
コメント頂けたら嬉しいです!(^o^)

「おしゃべり日記帳」

「エンタメおしゃべり帳」

「ルイス・リマの私的ファンBlog」



Web拍手メッセージ返信はこちらに書いてます
フリーエリア
アクセス解析
Copyright ©  -- YUKIのおしゃべり写真館 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]